弁慶岬

 義経・弁慶伝説の舞台

 寿都と島牧の境界に突き出た岬で、昔、アイヌたちはポロ・エドと呼んでいた。更科源蔵の「アイヌ語地名解」によれば、大きな鼻の形の岬の意味だそうだが、この岬の先端が裂けたようになっていてこの岩と岬の間をベルケイ(裂けたところ)と言ったのを和人がベンケイとなまったという。 松浦武四郎の「西蝦夷日誌」には、ここをベニツケウと称し、その形が獣の背に似ているところから付けられたとしているが、一方、武蔵坊弁慶が甲冑を曝されたところで弁慶岬ともいう。別にマレイ岬ともいうとも書かれている。 しかし、弁慶岬の呼称については、今一つ別の話がある・・・・・・

想望 ―― 同志を待ちわびる弁慶の心、ここに宿る。奥州を逃れた義経・弁慶一行は蝦夷地に渡り、この地に滞在していた。弁慶の舎弟ともいうべき常陸坊海尊が、義経再挙の兵を募って蝦夷へ向かったという情報を得た弁慶は、毎日毎日、この岬の先端に立って海尊の到着を待っていたが、海尊軍団の船影を見ることはできなかった。そんな弁慶の姿を見ていたアイヌたちは、この岬のことを、弁慶が同志を待ちわびていた岬ということから、いつしか弁慶岬と呼ぶようになったといわれる伝説が残り、その姿を再現した銅像が建てられています。 岬に打ち寄せる波は、今も変わることなく沖へ沖へと弁慶の想いを運んでいるかのようです。銅像の台座に刻まれている「想望」の二文字は、ここからつけられたものです。

弁慶の土俵跡 弁慶が義経をなぐさめるため、アイヌと相撲をした土俵跡。昔は弁慶が力足を踏んだ跡が、わらじばきの足跡としてあり、土俵のふちの高さが30センチもあったという。弁慶に投げられたアイヌたちは崖下に落ち、鼻血を流して赤く染まったといわれる「赤岩」があります。二つ森 酒好きの弁慶が、別れを惜しむアイヌの人たちと、二つ森の頂上で秘蔵の金の銚子と盃で酒宴を催したと伝えられる。 また、再び生まれ変わって、ここに来ることを約束し、そのときのためにと銚子と盃を二つ森とヌカ森との間の白桔梗の根方に埋め、「これを掘り出す者は天罰があるだろう」といって、雷電方向をさして去っていったと伝えられている。 町の最西端に位置する弁慶岬は「狩場・茂津多道立自然公園」の中にあり、伝説と夕日の名所として知られています。遠く狩場山・茂津多・積丹・雷電の岬を一望できる景勝の地で、夕暮れとともに灯をともす「弁慶岬灯台」も、落日の景勝をより詩情豊かなものにしています。また、駐車場・休憩所・トイレのある弁慶岬公園には、伝統とロマンを秘めた武蔵坊弁慶の銅像も建立されています。





 
担当部署   役場 産業振興課 商工観光係  TEL:0136−62−2602 内線64
トップページに戻る 前のページに戻る


町章寿都町役場
〒048-0406 北海道寿都郡寿都町字渡島町140番地1
TEL:0136−62−2511 FAX:0136−62−3431
Eメールでのお問い合わせ先E-Mail : info@town.suttu.lg.jp