くらしの案内

診療所の取り組み

寿都診療所では、通常の診療だけでなく様々な活動を展開しております。
他職種が連携し、地域全体の保健・医療・福祉の向上を目指して、地域ケア会議を毎月1回開催しています。
また、スタッフ全員が4つの委員会に所属し、より良い診療所となるよう日々奮闘中です。
取り組みの一部をご紹介します。

委員会活動 ~医療安全・感染対策委員会(2019年度から災害対策チームへ編成)~

災害研修(北海道胆振東部地震の振り返り)

<p>当診療所では毎年、職員向けに災害研修を行っています。

 2018年9月6日に発生した胆振東部地震では、北海道全域にわたる大規模停電が発生し、当診療所は電気復旧まで丸一日かかりました。また、物流被害や混乱により給食食材の保存や調達などの対応に追われました。

 非常用電源が確保されていない施設に入所している患者様や在宅酸素療法を導入している患者様の確認の際、関係各署との連絡の取り方に時間を要したり、通信障害が発生したり、様々な問題が発生しました。

 2018年度の災害研修は、診療所職員・役場職員・給食委託業者の職員などと胆振東部地震の際の対応を振り返り、見えてきた課題の解決方法について意見交流しました。

 災害時にはお薬手帳を携帯するよう、町広報誌で広報したり、安全に患者介助ができるようヘッドライトを備えたり設備面の整備を進めています。

 </p>

当診療所では毎年、職員向けに災害研修を行っています。  2018年9月6日に発生した胆振東部地震では、北海道全域にわたる大規模停電が発生し、当診療所は電気復旧まで丸一日かかりました。また、物流被害や混乱により給食食材の保存や調達などの対応に追われました。  非常用電源が確保されていない施設に入所している患者様や在宅酸素療法を導入している患者様の確認の際、関係各署との連絡の取り方に時間を要したり、通信障害が発生したり、様々な問題が発生しました。  2018年度の災害研修は、診療所職員・役場職員・給食委託業者の職員などと胆振東部地震の際の対応を振り返り、見えてきた課題の解決方法について意見交流しました。  災害時にはお薬手帳を携帯するよう、町広報誌で広報したり、安全に患者介助ができるようヘッドライトを備えたり設備面の整備を進めています。  

委員会活動 ~医療安全・感染対策委員会~

 医療現場では、医療従事者のちょっとした不注意が、健康や生命を脅かす危険があります。「医療安全委員会」では、安全な医療を提供することを目的に、アクシデント(医療事故)を未然に防止するための回避法などを検討しています。

診療所には毎日たくさんの人が出入りしており、感染症が広がる危険性もあります。「感染対策委員会」では、院内感染の防止を目的に、手洗いの徹底、定期的な所内巡回、全職員を対象とした研修会等を開催しています。
また、患者様に安心して医療を受けていただくために医療安全の推進の取り組みとして、毎月、インシデント・アクシデント報告を集約し分析・改善策を検討し、全職員で共有しています。年度末には1年間のインシデント・アクシデント事故の発生状況の公表や改善状況などを報告し、事故の再発防止を図っています。

  • 感染対策勉強会

    感染対策勉強会

  • インシデント・アクシデント事例報告の様子

    インシデント・アクシデント事例報告の様子

  • 職員研修~吐物処理~

    職員研修~吐物処理~

委員会活動 ~ホスピタリティ向上委員会~

診療所の環境整備や美化活動、職員が働きやすい職場づくりを通じて、患者様も心地よさを感じることができるような診療所を目指して活動しています。

  • 5月 看護の日ポスター作成~看護スタッフが「看護師になったきっかけ」「仕事で大変だなと思うこと」「仕事でやりがいを感じていること」「寿都診療所の良いところ」を書いて、待合ホールに掲示しました。

    5月 看護の日ポスター作成~看護スタッフが「看護師になったきっかけ」「仕事で大変だなと思うこと」「仕事でやりがいを感じていること」「寿都診療所の良いところ」を書いて、待合ホールに掲示しました。

  • 中庭で育てたゴーヤ

    中庭で育てたゴーヤ

委員会活動 ~広報・コミュニティケア委員会~

地域住民が興味・関心のある情報の発信や、地域の皆様とともにする様々な活動を通して「地域に根差した、寿都のための診療所」の実現をすすめる委員会です。地域のお祭りに参加して救護ボランティアをしたり、清掃活動ボランティアをしたりしています。また、町広報誌の「みんなの診療所」(健康や医療に関わる情報)の掲載内容を企画しています。

  • 海岸クリーン作戦 清掃ボランティア

    海岸クリーン作戦 清掃ボランティア

  • 海岸クリーン作戦 清掃ボランティア

    海岸クリーン作戦 清掃ボランティア

  • 寿都神社例大祭 救護ボランティア

    寿都神社例大祭 救護ボランティア

クリスマスコンサートin診療所

  • 入院中の患者様と家族の方の癒しを目的にコミュニティケア委員会が中心となり、クリスマスコンサートを実施しています。

    入院中の患者様と家族の方の癒しを目的にコミュニティケア委員会が中心となり、クリスマスコンサートを実施しています。

  • ハンドベルやギターでクリスマスソングを演奏したり、「三百六十五歩のマーチ」を患者様と一緒に合唱しました。

    ハンドベルやギターでクリスマスソングを演奏したり、「三百六十五歩のマーチ」を患者様と一緒に合唱しました。

研究 ~よりよい地域医療を目指して~

当診療所では、普段の診療業務のほかに医療に関する様々な分野での研究に取り組んでいます。

 「研究」というと大層難しそうなイメージを持たれる方もいらっしゃると思いますが、内容については、日々の業務の中から生まれた疑問や改善したいこと、また、効果があった事例など身近な事柄を振り返り、しっかりと数量的な集計やまとめを行うことが主な取り組みです。これらを行うことで、これからの医療に少しでも役立てようと日々奮闘しています。

 毎月1回の会議のほか、各部署から出された研究テーマごとに患者さんやご家族から直接ご意見を伺うアンケートを行ったり、先行文献を調査したり、統計資料を作成したり、スタッフ間で何度も協議を重るなど、診療業務の合間や時間外に研究作業を行ってきました。今回、その研究でまとめられたものを札幌市で開催された「地域医療研究会」の場において発表してまいりました。

 研究会では、自分たちの取り組みを発表することで多くのご意見を伺うことができます。また、他の医療機関や自治体で行われている取り組みを知ることもできるため相互効果が生まれます。こういった活動を続けていくことが、地域の医療をよりよい医療につなげていくと思います。

 これからも地域の皆さんの医療に貢献できるようスタッフ一同頑張っていきます。

健康づくり活動

町役場健康づくり係主催の「健康づくり会議」や「健康づくり勉強会」に家庭医や看護師が参加し、地域の方々の健康づくり・予防に関する問題点について定期的に共有し、必要な場合はアドバイス等をしております。

<p>毎週月曜日8時  ~ラジオ体操~

冬期間や天気が悪い日はリハビリ室で行っていますが、暖かい日は屋外で行っています。
入院患者様や外来通院されている患者様も体調をみながら参加してくださっています。</p>

毎週月曜日8時  ~ラジオ体操~ 冬期間や天気が悪い日はリハビリ室で行っていますが、暖かい日は屋外で行っています。 入院患者様や外来通院されている患者様も体調をみながら参加してくださっています。

【お問い合わせはこちらまで】
〒048-0406
北海道寿都郡寿都町字渡島町72番地2
Tel 0136-62-2411 Fax 0136-62-2940

寿都町Webカメラ

「ゆべつの湯展望台」から
「ゆべつのゆ展望台」から
平成28年3月2日 7時26分
寿都町では町内3箇所にWebカメラを設置しております。

Webカメラをもっと見る

交通アクセス

交通アクセスのイメージ
札幌市から
約150km、車で約180分
小樽市から
約100km、車で約120分
函館市から
約140km、車で約170分
ニセコ町から
約60km、車で約60分
新千歳空港から(有料区間)
約180km、車で約150分
寿都町の人口と世帯
人口
2,965人
世帯数
1,696世帯
1,444人
1,521人

令和元年5月末現在