観光

寿都町ふるさと大使の紹介

本庄 敬

1986年に第32回手塚賞で準入選し、漫画家としてデビュー。
料理や自然を題材とした「蒼太の包丁」「ハルの肴」「SEED」などの代表作がある。
本町のマスコットキャラクター「風太くん」をデザインしたことでもおなじみ。
漫画の作中に寿都町を登場させ、PR活動を行っている。
現在は、「俺流!絶品めし(ぶんか社)」において「新・蒼太の包丁」を連載中。
<メッセージ>
故郷を離れて40年。いまだ忘れがたく思っています。これからも
応援よろしくお願いします。

板倉 糸栄(旧姓:南波)

2004年からタレント活動をスタート。メインMCやナレーター、お天気キャスターなど、フリーアナウンサーとして首都圏のローカルテレビ番組などで活躍。
SNSで寿都町を紹介しているほか、仕事や番組出演の際、寿都町の特産物やエピソードなどを話している。
現在は、化粧品のイメージモデルや「Mrs Asia Supreme Pageantグランドチャンピオン」
としての活動を行っている。
<メッセージ>
私はこの町で生まれたことにとても誇りを持っています。寿都が大好きです。寿都に帰ってくるたびに安心し、リフレッシュしパワーをもらっています。今後はさらに自信を持って寿都の魅力を世界中に発信していきますので、応援よろしくお願いします。

松谷 淳(本名:谷口 寿志)

バンド活動を経て、ソロ活動へと転身し、STV北海道カラオケ大会で優勝を飾る。
2012年にファーストシングル「私の願い/POWER OF PRIDE」でデビュー。
現在は、歌手・ラジオパーソナリティとして
エフエムしろいし「松谷淳のズバッと二刀流(毎週月曜日21:00~)」に出演中。
<メッセージ>
番組では、寿都町のイベント情報などを随時発信していきます。これからも応援よろしくお願いします。

寿都町ふるさと大使制度

平成24年に創設され本町に愛着を持ちながら文化・経済・スポーツなど各界で活躍している本町の出身者もしくはゆかりのある方を「ふるさと大使」に委喝し、町が提供する名刺や観光パンフレット、広報誌などを用いて自身が活躍する場で本町の観光情報などをPRしていただく制度です。

寿都町Webカメラ

「ゆべつの湯展望台」から
「ゆべつのゆ展望台」から
平成28年3月2日 7時26分
寿都町では町内3箇所にWebカメラを設置しております。

Webカメラをもっと見る

交通アクセス

交通アクセスのイメージ
札幌市から
約150km、車で約180分
小樽市から
約100km、車で約120分
函館市から
約140km、車で約170分
ニセコ町から
約60km、車で約60分
新千歳空港から(有料区間)
約180km、車で約150分
寿都町の人口と世帯
人口
2,884人
世帯数
1,648世帯
1,411人
1,473人

令和2年11月末現在